FREE BIRD 

こばり歯科院長ブログ​

9月休診のお知らせ

9月の休診日のご案内です。 9月2日(土)院長不在のため 9月14日(木)午後 院内研修のため 9月25日(月)休診日 都合により休診とさせていただきます。 また、9月11日(月)は院長不在のため 矯正の患者様と衛生士の治療のみとさせていただきます。 ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしく お願い申し上げます。 外にはコスモスと百日草が咲いています!!! 受付 矢吹

歯科衛生士の仕事

今日は院内研修会と大掃除に納涼会。明日からお盆休みです。 こばり歯科も開院から3ヵ月が経過し、3人の歯科衛生士さんが試用期間を終え正式採用となりましたので紹介したいと思います。 まずは、歯科衛生士主任の小泉さん。前職では主に訪問診療に携わっていましたが、院内では何でもこなせるオールラウンダー、少々クールなところはありますが、はっきりとした物言い、テキパキとした仕事ぶりで頼りになります。 若手衛生士の藤田さん(本日はすっぴんということでインプラントオペ時のワンショット)。経験は浅いですが若さゆえの向学心や吸収力はピカイチ。両手に、ますかけ線という天下取りの手相の持ち主。これからも研鑽を積んで仕事の幅を広げてほしいです。 最後にベテラン衛生士の鈴木さん。こばり歯科のある浅川町に住み、この3ヵ月間、非常勤ながら常勤並みにサポートしてくれました。高校生の娘さんを持つお母さんでその優しい雰囲気と包容力で高齢者から子供まで丁寧に対応してくれます。 常日頃、予防に重きを置き、治療としての介入は極力したくないと考えていますが、実際虫歯や歯周病治療、欠損治療は減っており、歯科医院の仕事も一時代まえより変わっています。その中で口腔衛生のプロフェッショナルであり、歯科予防処置、歯科保健指導を行う歯科衛生士の果たす社会的意義はより大きなものとなっていくでしょう。 必要に応じて様々な検査を行います。 ピエゾ式が多い中で当院の衛生士が選んだマグネット式超音波スケーラー 。痛みが少なく効率よく治療が行えます。 今日は受付スタッフがプレゼンの研修。 こばり歯科では、歯科衛生士の他にも受付、助手、滅菌専任と4人

補綴構造設計士の仕事

こばり歯科で取り扱っている義歯(入れ歯)の中の一つに金属床義歯というものがあり、開業前から付き合いのある仙台の歯いぱ~デンタルラボの大沼さんに依頼しています。 大沼さんは歯科技工士であり補綴構造設計士という金属床義歯のスペシャリスト。 スタディーモデルやX線写真、粘膜や支台歯(バネをかけるは歯)等の診断を行い、設計の打ち合わせをします。設計通り前処置後に最終印象。レジン床義歯よりも、薄くコンパクトな義歯の設計が可能です。 金属床義歯はレジン床義歯に比較し多くの利点があるのですが、その利点の大部分は設計の自由度に起因しています。材質、形、厚み、大きさなど患者様の主訴や旧義歯から得た情報を基にひとりひとり最適な設計を提案します。 技工指示書ではなく、技工依頼書だとある先生が言っていましたがまさにその通り。 大沼さんが書いてくれる構造設計図は保証書代わりにもなります。 旧義歯(レジン床義歯) 新義歯(金属床義歯) 試適時とセット時には必ず立ち合いに仙台から駆けつけてくれます。 製作にはかなりの精度が必要となりますが、毎回ほとんど調整なして適合良くセットできるので助かっています。 歯が欠損してしまった時の治療には診査の上で金属床以外にもバネのない義歯やインプラントなど様々な提案ができればと思っています。

夏のイベント開催中

お子さまにとっては楽しい夏休みですね! 夏は花火大会やお祭りなど楽しいイベントが多いです。 そこでこばり歯科でも8月いっぱいお子さま限定でどうぶつヨーヨー釣りを開催しております。 虫歯の患者様だけではなく夏休み中にお口の中のチェックを行ってみませんか? お母さんやお父さんもぜひ一緒にお越しください。 受付 矢吹

特集記事
最新記事
アーカイブ