FREE BIRD 

こばり歯科院長ブログ​

‘歯いぱ~’な義歯

本日の症例。

入れ歯のバネの見た目が気になると来院された患者様。

初診時正面観。

左右のクラスプによる審美障害 

初診時咬合面観

臼歯部がないのでクラスプの位置は変えれません。インプラントも様々なリスクがあったためノンクラスプデンチャーを提案しました。

ノンクラスプデンチャー装着時正面観

咬合面観。

旧義歯の装着感、使用感は問題なく同じ形でできるならということで金属プレートを選択しました。可及的に薄く仕上げてます。

義歯の役割として咀嚼、嚥下、発音といった口腔機能を回復するのはもちろんですが、

審美的な要素もやはり重要かと思います。

患者様にも満足していただきました。

製作は以前も紹介した補綴構造設計士という資格をもつ、仙台市の歯いぱーデンタルラボ大沼技工士に依頼。

普段は金属床義歯を依頼してるのですが、ノンクラスプデンチャーもやってますよ~とのことで症例相談。

設計の段階で相談することも多く…

製作中の細かな確認などLINEでやり取り…(いい時代になりました)

それにしても大沼さんの義歯の適合の良さには毎回驚かされます。

今回もほぼ調整はなし。

かなり精密に作業してくれるため毎回調整が少なくて助かってます。

保険外となりますが、やはり‘’歯いぱー‘’な義歯はそれだけの価値があると思います。

ああ

特集記事
最新記事